スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が描いた似顔絵


両親が不仲であると子供への影響は多大なものとなる。

http://matome.naver.jp/odai/2139867049431477201

http://www.weddingpark.net/magazine/438/

http://itmama.jp/2014/07/30/64363/

http://papimami.jp/13539

我が家の場合はどうか?
正直不仲である。まともに会話することもない。
たまに会話をしても事務的な会話に収集し、建設的な結果が得られることがない。
会話をして良かったと思える局面がほとんどない・・・。

これでは子供たちへの影響が計り知れない。

娘が私と妻の似顔絵を描いてくれた。

そして、その似顔絵の用紙を2つ、向かい合わせた状態でセリフを言うのである。
「パパ、こんにちわ~♪」
「ママ、こんにちわ~♪」

娘は敏感に感じ取っているのだろう。私と妻の間の空気の悪さ、気まずさを。
だからこうあってほしい、とシグナルを発信しているのではないかと思う。

夫婦仲は良いほうがいいに決まっている。
でも何を以てして良いとするのかが分からない。
上っ面を取り繕うだけでは意味がない。
解決策が見いだせない・・・。

海外だと既婚カップルのカウンセリングとかあるんだよね・・・。
スポンサーサイト

ADHD

ADHDについて

成人でADHDの方がアンサーを書いている内容に思わずハッとさせられた。
結局、今自分がやってることは以下の通りなんだろうなと。
・こちらが伝えたい情報=あちらには印象が薄い、記憶に残らない。
・こちらが伝えるつもりのない情報=あちらには非常に印象が強い、記憶に残る。

病院の先生も、「ADHDだとありとあらゆる情報が無差別に飛び込んできて、脳が混乱する」
というような趣旨の話をしていたのだが、そうか、それがこういうことか。

相手が自分と同じ感受性を持っているのであれば、簡単に伝わるようなことでも
結局感受性(脳の障害含む)が違うのであれば、翻訳してやらないといけない。
その翻訳を怠っていたわけか。

通常ならば怒られる理由を正しく知り、納得した上で次回からその行動を自制する。
もし仮に理由が分からなくても、どういう行動をとると怒られるか、過去の傾向から類推し、行動に反映する。
(類推し、行動した結果、別の理由で怒られるのは私だがwwww)
しかし、その類推すらできないと、何度起こっても同じことを繰り返す。
それは類推する能力がないのではなくて、類推しようにも情報過多で状況を把握できていないだけだ。
決して能力がないわけではない。

キッズルーム

自宅マンションに「キッズルーム」なる共用施設がある。
天候や健康上の理由で近くの公園に行くのが難しいときは、
よくこの施設を利用している。

普段あまり同年代の子と関わる機会が少ないだろうから
なるべくその機会を増やそうと思って極力、同じマンションの
子たちと遭遇することを狙っている。
そんな中で印象に残っている出来事を、書き留めておく。


①小学生低学年のお姉ちゃんと幼稚園の妹の姉妹。
 お姉ちゃんの方はやたらとおませさんで精神年齢が高そうで引いた(^^;
 で、そのお姉ちゃんに結構厳しく言われる妹主導で
 うちの2世クンと妹ちゃんと一緒に4人で遊ぼうとしたが
 案の定要領をよく呑み込めていないので、ニコニコ笑うだけで遊びにならないw
 するとお姉ちゃんが「あ~つまらない~」と先に家に帰って行く。
 そのお姉ちゃんの妹が、「お姉ちゃんが帰ったのはあんたたちのせいだからね!」
 「もう二度と遊んであげないから!」と逆切れされてしまった…。
 
 ただ、今日久しぶりに遭遇した時はケロッとしていて、
 「あ、昨日一緒に遊んだ子だ、今日はね、お姉ちゃん具合悪いの」
 と、報告して去って行った。。
 いや、昨日じゃなくて1カ月以上も前に遊んだんだけど…。


②M保育園に通っている2世クンと同学年の男の子。R君という。
 ちょっとメタボ気味なのが気になるが、よくしゃべること。
 従姉妹の高校生がいるらしく、今日沖縄から帰ってくるとか、
 およそこっちが聞いてもいない事をどんどん話す。
 お婆さんと一緒に来ていて、お婆さんがうちの2世クンに
 「僕、いくつ?」と何度か質問したのだが、華麗にスルー。
 私が「何歳か聞かれてるよ」と教えてやっても何のその。
 R君が名前を尋ねても、視線を合わせず、DVDを見て覚えたセリフを
 一方的に話すだけ。これについても「名前聞かれてるよ」と
 どこぞの「囁き女将」よろしく教えても効果なし。
 というか、相手の顔を見ることもしない。
 結果、R君が「なんかよく分かんない!」と聞くのをあきらめた。
 これじゃあまともにコミュニケーションが取れないのだから
 友達を作るのはなかなかハードルが高い気がする。
 
 R君、同じ小学校に入るけどよろしくね、と言いたいが…

③2歳児を二人連れたママさん。
 一人は実の子供で、キッズルーム内でうちの子たちと一緒に遊んでいた。
 もう一人は友達の子で、ものすごくグズッていた。
 なんでもその友達のママさんが難産でK里大学病院に入院中とのこと。
 パパは担当医の話を聞くために病院に行ってしまって、
 子供さんだけが取り残されてしまうので、預けられているとのこと。
 大学病院なので子供は入れないという理由らしいのだが、そんなに敷居が高いのか?
 ってか2歳(になったばかり)の子が親元から離れて普通に遊べるわけがない。
 
 でもうちの子たちは「どうしたの?」「一緒に遊ぼうよ!」としきりに声を掛けてくれた。
 結局泣きじゃくってて遊べはしなかったけど、その優しい気持ちにホッとした。
 
④幼稚園に通っている5歳の女の子。Hちゃんという。
 キッズルームの隣にある中庭でうちの子たちと一緒にかけっこして遊んでくれた。
 (というか、走り出したHちゃんをうちの子たちが追いかけているだけで遊びとは言えないか…)
 自称 S女子大学付属の幼稚部?に通っているということだが、
 誕生日が2月29日で来年は29日がないので28日が誕生日になるという、うちの子には理解が及ばない話をしてくれた。
 (あれ、2月29日生まれの人は、閏年以外は3月1日になるんじゃなかったっけ?記憶違いか?)
 ただキッズルームの中では、2世クンは見向きもせず車に夢中
 キャッチボールとか絵本の読み聞かせとか、よその子相手に俺は何をやっているんだろうという状態に…。
 ただ、下の妹ちゃんはHちゃんを「お姉ちゃん!」と呼んで滑り台からジャンプする時にサポートしてもらったり、
 滑り台の下に一緒に隠れて鬼役の俺の攻撃を撃退するなど、結構楽しんでいた模様。
 2世クン以外の子と遊ぶいい経験になったのではないかと思う。
 
 しかし2世クンのマイペースっぷりは相変わらずだ。
 2~3時間のほとんどを車のおもちゃで遊び倒すという集中っぷリはただ事ではない。
 本当に他の子と関わる遊びに興味がないんだね。
 

世帯同士の関係は抜きにして、「あの子のこと知っている」「一緒に遊んだことある」小さな経験を
いっぱい増やして、ただでさえ狭い人間関係を広げられる土台は作っておきたい。

テーマ : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル : 育児

発熱で病院にGO

2日前から2世クンの発熱が続いていた。
ただそれだけで他には目立った症状はなかった。

昨日も心配なので病院に連れて行ったのだが、
「ただの風邪です」「自宅療養で問題ありません」
と言われたので家で様子を見ていた。

ところが昨日から徐々に熱が上昇し、
今朝測ったらは38.7℃だった。

こりゃやっぱダメだと思い今日も病院にGO。
「インフルエンザの検査をしてみましょう」
ということで、大きな綿棒が2世クンの鼻の穴に。
痛くはないらしいのだが大粒の涙をこぼして抵抗。
結果は陰性でほっとしたのだが、結局対処方針は昨日と変わらず、
念のため解熱の頓服薬と整腸剤を処方された。
ただお昼寝後、熱が引いてきたのでとりあえず快方に向かっているっぽい。

よしよし、よく頑張ったね。エライ。
yakkyoku1
薬局の店内にてプーさんのぬいぐるみをバックに。

続きを読む »

電話が大好き

もちろん2世クンのことだ。

電話がことのほか大好きなんだよね。

自宅の固定電話をやたらめったら触りまくり、でたらめな番号を押して実際にかけてしまう!
最近は小生の携帯電話でも同じようなことをやり始めていて、
この前は登録している新宿の某居酒屋にかけてしまった。
(従業員さん、スマソ)

間違っても110しないでね。

中学生のとき、友人たちとふざけて学校の公衆電話で遊んでいて、間違えて110コールした記憶がある。
無論、警察からお怒りコール&先生からも雷が落ちた。
ホントバカなことをするガキだった。

そういえば駅のエレベータ内に張り紙があったのを思い出した。
「警報ボタンをいたずらで押した中学生、今度は警報に通報する!」
なんて感じの警告文だった。
思春期ってのは禁止されてることをやりたくなる年頃なんだろうな。

2世クンも思春期になったらどうなるんだろう。
やっぱ反抗的になるのかな?
今の姿を見ているととてもそうなるとは思えないから不思議だ。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。