スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分がない

数年ぶりにこの話題に戻ってきてしまった。
「自分がない」
他人から言われたことはあるけれど、正直認めることができなかった。

【自分がない人の特徴5つ】
http://the5seconds.com/no-oneself-10192.html

気にしない、気にしない、と思いつつ結局ついてまわることなんだな。
自分がない、ということがどれだけ自分にとってマイナスなのか、
ようやく思い知らされることになった。

「あなたの気持ちは?」
こう聞かれて何も答えられない。
自分の気持ち?思い?え?自分でもよく分からない・・・。

自分がますます分からなくなってきたorz
スポンサーサイト

自分より恵まれた環境に育った人の考え方を理解できない

自分より恵まれた環境に育った人たちの考え方がわからない。

自分は貧乏な農家の生まれだ。
「一億層中流」「バブル」と言われた時代があったけど、我が家の暮らしぶりは「下流」「底辺」だった。

そりゃあ親も貧乏な農家の生まれだ。
母は8人兄弟のうち、4人を栄養失調で亡くしている(当時、近所の家はどこもそうだったらしいが)
父はお金がなかったので修学旅行に行っていない

貧乏人同士の結婚(都会ならありえないけど私の生まれ育った土地なら十分あり得る)
が更なる貧困を呼び起こした。

クリスマスや誕生日にプレゼントをもらったことがない。
お風呂は2日に1回(灯油代の節約)
家族旅行やレジャーに出かけたことがない。
習い事に通ったことがない。塾にも行ったことがない。
高校までは親のお金で進学できたが、それ以降は働く道しかなかった。
自動車免許も近所の連中は親の金でとっていたが自分は、自ら稼いだお金でとった。
専門学校も新聞配達による奨学生制度を利用して進学した。

貧しい人間は貧しい環境で培った感覚でしか物事を計れない。
恵まれた環境に育った人間はその尺度を知る由もない。

貧しい環境に育った人間からすると、恵まれた環境に育った人間の言葉は全て「マリーアントワネットの戯言」にしか聞こえない。
「パン寄越せ」⇒「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」はぁ?
「高卒後は就職」⇒「登校拒否すればいいじゃない」「親は子供の進学資金を貯めてて当たり前」はぁ?
「食べられることを親に感謝」⇒「親は子供に食事与えて当たり前!!」はぁ?

自分の境遇をベースラインに置くと、世の中のほとんどの人間が「恵まれた環境に育った人間」になる。
私は彼らをどのようにして受け入れたらよいのだろう。
どうしたら憎まずに済むのだろう。

また、恵まれた環境に育った人間は些細なことでクレームや文句を言う。
ストレスがたまるから言わなきゃ気が済まないのだと。
だとしたら、私はとっくの昔にストレスで死んでいますが何か?
我慢のガの字も知らないくそったれどもは!!

文句を言うな文句を言うなどいつもこいつも文句を言うな!!!!!!!!!!!!!!!


・・・こんなんじゃ、彼らを受け入れるのは到底無理だ。
どうしよう、結局自分の親を憎むしかないのかなぁ・・・儒教的にはNGだけど

仕事辞めたい

今の仕事は正直つらい
早く辞めたい
今すぐ辞めたい

毎晩遅くまでやらないといけないことが山積み
しかも自分のペースで進められるものでなく
他に起因する物事に対処する必要がある(消防士みたいなもの)
かといってそれを託せる人間がどこにもいない。
「貴方の会社の方で、よさげな人いませんか?」
うちの会社大阪なんだからいるわけねーだろwwww

ただ、今の仕事をやめてしまうと、息子の登校に付き添うことができなくなる。
そういったプライベートな事情で仕方なく続けてしまっている。

家庭に貢献したら仕事が楽になるような法律、だれか作ってくれないかな。
(現実は逆だよね。家庭重視になればなるほど、仕事が辛くなり、立場が悪くなる)
っていうか俺より帰宅時間が早い奴がいるんだから、そいつらに振ればいいじゃん!!
というわけにはいかないらしい・・・。
早くスケープゴートを連れてこないと出ていくことができないということか。


「いつも遅くまでありがとうございます。連休はゆっくり休んでリフレッシュしてくださいね♪」
先週末、現場リーダーの言葉。
悪気のない言葉なんだろうけど・・・
「連休だからってゆっくり休めるわけねーだろこのボケ!!!!!!!!!!
お前みたいに飲んだくれてお昼頃までグースカ寝てられるような余裕はないんじゃ糞が!!!!!!」

贅沢言うな!

同じ職場に、双子のお子さんがいるマネージャーさんがいた。
週に1回はお昼にお弁当を持ってきているのだが、こんな風にぼやいているのを聞いたことがある。
「幼稚園で子供のお弁当を作る日しか作ってくれないんだよなー」
・・・ハァ?

またある別の人。共働きでまだ子供はいないのだが、弁当は毎日持参していてこんな風にぼやいていた。
「もうちょっと丁寧に作ってほしいんだけどね」
・・・ぬぅ?

てめーら贅沢言いすぎ!!!!!!!
作ってもらえるだけでもありがたいと思え!!
バチが当たるぞこの野郎!!!

続きを読む »

家庭環境の違い

価値観の違いと言うものを未だに乗り越えられないでいる。

育った環境が異なれば当然考え方も異なる。
どっちが正しいとか、間違っているとか、それは一元的な見方に過ぎない。

「子供への投資」を重視する家庭と、「明日の晩御飯」を重視する家庭。
家族全員公平な家庭と、労働者を優遇する家庭。
「プレゼント」が当たり前な家庭と、「プレゼント」の概念がない家庭。
お年玉が10万超えの家庭と、お年玉が1万程度の家庭。

恵まれない家庭環境に育った人間からすれば、
普通の家庭環境に育った人間がただただうらやましい。

だからと言って、普通の家庭環境が正義だとは思わない。
もし普通の家庭環境が正義だとするならば、恵まれない家庭環境は悪となる。
つまり、恵まれない家庭環境に育った人間は悪だと言うことになる。

さすがにそんな自己否定は受け入れられない。
「金持ち(=普通の家庭)なんかクソくらえだ」
ルサンチマン全快であきれられるかもしれない。
そこから脱却する=これまでの自分の人生を否定することになるから受け入れられない。

それを自己否定だと勝手に決め付けているお前が悪いと言われても困る。
こう見えても悪い環境のせいにして逃げてるつもりはないから。
あくまでルサンチマンを糧に前に進もうとしているので。
まぁそれはそれでしんどいのは事実だけど。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。