スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受け継いだもの

もう20年以上前の話である。
小生は町内の幼稚園まで送迎バスで通っていた。
朝はバスの乗降地点まで祖母に連れられて行く。
帰りはバスを降りると祖母に迎えられて家路につく。
祖母はよく小生にこう言いきかせていた。
「お父ちゃんもお母ちゃんも一生懸命仕事しよってやからなぁえらいんやで」

父は朝5時半には起き、6時には車に乗って家を出発、
2時間近くかけて西宮の酒造会社に通っていた。
それで家に帰ってくるのは夜の7時。
休みの日といえば朝から晩まで野良仕事で汗と泥にまみれていた。

母はもっと早く朝5時には起床、家族全員(父、祖父母+子供3人)の
朝食と子供の弁当を作り、朝食の後片付けと洗濯をし、
8時にはパートタイマーで勤めに出ていた。
仕事が終われば夕食の支度をするため買い物に出かけ、
夕食の準備と後片付けに追われる。
祖母もまた朝から晩まで野良仕事に従事していた。

また風邪を引いても一切仕事を休まず、病院にも行かない。
フツーに仕事、農作業、家事をこなしていく。
一切泣き言を言わない、まさに鉄人のようだった。

旅行や外食など、趣味や娯楽と呼べるモノは一切なしで、質素倹約で出費を抑え、
家族を食わせていくためにずーっと働き通しだった両親。
およそ世間で言う「ぐーたら」な人間とは対極の生活を送っていた。

「嫌なことがあっても我慢して、必死に耐えて頑張らなあかんで」
学校や会社のことで相談したら、真っ先にこの言葉が帰ってきた。

両親は戦中生まれで、高度経済成長期を支えた俗に言う「金の卵世代」だ。
貧困に喘ぐ家を助けるため、中卒後は集団就職の汽車に乗り込み、
急成長で労働力不足に悩む阪神間の企業に働きに出て行った。
(ここで企業が欲する労働力とは低賃金で黙々とロボットのように働く奴隷だ。
今の価値観で是非を問うことは出来ないが、そういった奴隷のように働く
世代がいたからこそ日本は物質面では豊かになれたんだと思う)

続きを読む »

スポンサーサイト

うぇっwwうぇっww

未だに喉の調子が悪い。
同じ職場にもゴホゴホせきこんでる人がイパーイ。
慢性化しつつあるので前回同様、区役所の近くにある
耳鼻咽喉科の病院に行って来た。

診察室はビミョーに歯科医っぽく道具がいっぱい並べてある。
内科とかなら普通口の中を覗かれるだけで終わるが、
さすが耳鼻咽喉科は専門だけあって一味違う。
薬品を染みこませた脱脂綿を先にくっつけた金属棒を
口の中につっこんで喉に触れてくるのだ。
当然気持ち悪いので「うぇっwwうぇっww(涙目)」になる。
必死にえづいて苦しさをアピールするが、
担当医のジジイは容赦なく喉を突付いてくる。
もちろん初診のときも同じ事をされたのだが、
今回は更に念入りにやられた。。。。
「うぇ~っwwうぇっ~ww」
酒の飲みすぎでリバース直前のリーマン状態だ。

そういえば小さい頃は呼吸器系が弱かったなー。
4歳のときに小児喘息で1週間ほど入院したし、
小学生のときはマイコプラズマ肺炎にかかったこともある。

問題は未だに水疱瘡にかかっていないことだ。
大人になってから発症すると大変らしいが。。。

夏ばて?

今年ほど夏ばてが激しい年も珍しい。

8月にはいってからというもの、体調が芳しくない。
急にお腹が痛くなって下したかと思えば便秘が数日続いたり、
倦怠感が襲ってきたなぁと思ったら吐き気を催したり、
ノドが痛くて病院に行ってクスリを処方してもらって
一応治ったが昨朝また微妙に痛み出したり。
なぜか家族の中で小生だけがすこぶる調子悪い。

例年はこんなことないんだけどなぁ・・・年齢のせいか?

今朝も暑かったが風は若干涼しかった。
秋が近づいてるんだなぁと実感する。

2世クンは初めての夏を無事乗り越えられそうである。
どんべえ君の浮き輪は来年以降使おうね。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。