スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物騒

数日前だが自宅アパートの一室に、空き巣?が入ったらしい。
結構平和な場所だと思っていたが、それなりに治安はよくないということか。
今度、引越しを考えているが正解なのかもしれない。
スポンサーサイト

王様

自分の生まれ育った環境とか、この現実社会とか、
そういうの一切無視してのホンネを書こうと思う。

それは、

「誰からも文句さえ言われなければそれでいい」

だ。

それを実現するにはどうすればいいのか。
1.山の中で一人で暮らす。
2.絶対的権力者になる。

1.は、周りに文句を言ういない、という状況。
2.は、周りの人間に文句を言われない、という状況。

1.を実行するには体力とサバイバル力が必要となる。
2.を実行するにはカリスマ性と権力が必要となる。

1.についてはまた別の機会で述べることにしよう。
今回は2.について

絶対的権力者。要は王様になりたいということ。
いちばん偉い存在になりたいのだ。
もちろん偉い王様には、それなりの教育者、家臣が付くだろう。
王様が誤れば、それを正すことのできる立派な家臣がいる。

続きを読む »

電話が大好き

もちろん2世クンのことだ。

電話がことのほか大好きなんだよね。

自宅の固定電話をやたらめったら触りまくり、でたらめな番号を押して実際にかけてしまう!
最近は小生の携帯電話でも同じようなことをやり始めていて、
この前は登録している新宿の某居酒屋にかけてしまった。
(従業員さん、スマソ)

間違っても110しないでね。

中学生のとき、友人たちとふざけて学校の公衆電話で遊んでいて、間違えて110コールした記憶がある。
無論、警察からお怒りコール&先生からも雷が落ちた。
ホントバカなことをするガキだった。

そういえば駅のエレベータ内に張り紙があったのを思い出した。
「警報ボタンをいたずらで押した中学生、今度は警報に通報する!」
なんて感じの警告文だった。
思春期ってのは禁止されてることをやりたくなる年頃なんだろうな。

2世クンも思春期になったらどうなるんだろう。
やっぱ反抗的になるのかな?
今の姿を見ているととてもそうなるとは思えないから不思議だ。

膿禍-いろいろ

以下はとあるスレからの引用だ
>--------------------------------------------------------------------
>田舎の人は、近眼で狭い目でしか世の中を視れないからね、
>本当は良く考えないといかん所を、「みんなと同じ」にしておけば当座は安心だと思っている。
>崖っぷちに向かって進んでもみんな一緒だから大丈夫、みたいな。
>意見が違えば脊髄反射でめくら打ち。
>--------------------------------------------------------------------

「井の中の蛙」でいえば井戸こそが「日本」であり「世界」だと思っている。
だから井戸の外の世界(=一般常識)に興味がわかない。
そして同じ世界に住んでいる=同じ価値観を持つべき=同じ生活をするべきとも思っている。
なので都会から田舎に越してきた人間が自分たちのルールに従わなければとことん排斥する。
憲法や新民法よりもムラの因習や旧民法のほうが格式が高いと勘違いしている。
「田舎はいいとこですよ」
それは田舎に永く住んでる当人にとっての見解であって、万人にとって共通する見解ではない。
まぁ生まれてこの方、客観的な意見と言うものを口にしたことがないからしょうがない。
小生も「客観的」の意味が近年まで理解できなかったし。<致命的だとは思うが

>--------------------------------------------------------------------
>こんな事書くと叩かれるのだろうけど、都会者は勉強脳で田舎者は仕事脳。
>同じ単語でも思い浮かべる事に違いが出るから人間関係が歪む。
>共感性は共通かと思っていたが意外とかなり違う。
>ここが都会人の田舎暮らしにおいて最も危険な部分。
>--------------------------------------------------------------------

勉強脳、仕事脳という言葉の定義がいまいち良く分からないが、
少なくとも一つ一つの単語に対する捉え方が違う。
都会の人は単語の意味=広辞苑に記載されている内容を認識しているが、田舎の人はそうではない。
表現が難しいが平たく言えば「思い込み」で言葉の意味を認識している。
だから会話していても齟齬が出来てしまう。

仮にAという行動を表す単語があったとする。
都会の人はA=A(そのままだが)という認識をするが、
田舎の人はA=A+Bという認識をすることがある。

「比較」という言葉を例に挙げてみる。
この言葉の意味を三省堂提供「大辞林 第二版」により紐解いてみると、
(1)くらべること。二つあるいは三つ以上のものをくらべあわせて、そこに認められる異同について考えること。
「両国の経済力を―する」
(2)(「比較にならない」の形で)くらべる価値のある対象。
「一〇年前とは―にならないほど研究が進んでいる」

都会の人は主に(1)の意味で(場合によっては(2)の意味で)この言葉を使う。
しかし田舎の人は(1)の意味プラス評価・軽蔑という意味もこめて使う。
比較⇒評価⇒(評価が悪ければ)軽蔑という一連の行動をさして「比較」としてしまう。

よって都会人の田舎暮らしだけでなく、田舎人の都会暮らしにおいてもこれは危険な要素だ。


>--------------------------------------------------------------------
>一般的な常識が通じない人が多い
>朝の7時8時に平気で電話かけてきたり、家に来たりする
>--------------------------------------------------------------------
電話なんて昼飯時でもお構いなしにかかってくる。
そしてそれを当然と思ってしまっている。苦にしていない。
だから他人にかけるときも「お昼時は避けよう」という発想が生まれない。
昼飯時に電話がかかってきたら困る!という気持ちが沸かないのは単純に「鈍感」だからか?
細かいことを気にしないという文化のなしえる技か?
それともお昼時はやめてくれ!とクレームをつけることが非礼になると思っているのか?
少なくとも小生の場合は後者であった。
>--------------------------------------------------------------------
>後、田舎は見た目が強そうか弱そうかでも優劣が決まる。
>こうなりゃ能力は関係ねぇ。見た目弱そう能力高スペックの奴は
>土着民からしたら非常に煙たい対象だから本域で潰しにかかる。
>見た目強そう能力低スペックな奴は割と田舎に住みやすい。
>--------------------------------------------------------------------
>田舎は力や精神が強いか弱いかで優劣が決まる。頭がいいか悪い
>学歴が上か下かでは無い。ここらへんはまだ幕末感覚を引きずっているんだな。
>--------------------------------------------------------------------
うん、正直言って見た目勝負だ。中身なんて評価の対象となる局面がほとんどないように思う。
だから「カタチ」や「ウツワ」を重んじる文化が主流なのだろう。

続きを読む »

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。