スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元を離れるということ

地元を離れて暮らすということは、とても有意義なことだった。

地域の因習、家庭内の人間関係、同世代との力関係、そういったものに煩わしさを覚える必要がないからだ。

しかし、「地元を離れて所帯を持つ」ということは、そういった恩恵は一切ない。
むしろ如何に愚かなことかを痛感させられた。

配偶者との人間関係、配偶者側の親族との人間関係、その地方の常識など、
今まで意識したことのない要素にがんじがらめにされる。
当然自分の味方など身近にいるわけでもない。

10年、20年という長期的な見通しで物事を考えないと、後で思わぬ障害に出くわすということを、ひしひしと感じている。
刹那主義ほど恐ろしいものはない。
スポンサーサイト
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。