スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出世の条件

この国で出世するにはいろいろと条件があるように思うが
中でも最も重視されるのが「所帯持ち」ではなかろうか。

妻子を養う責任がある、ということは是が非でも稼ぎを維持する必要があるということ。
なので所帯のない人間よりも仕事への意欲が強いと考えられる。

ところが子供ができると最近は育児参加もする傾向が往々にある。
育児参加するということは、当然仕事へのウェイトが減ることになる。
実際徹夜や休日出勤、労働基準法を違反してでもやらなければならない局面が多くても、
育児参加を理由に定時退社をする。

それでも会社は「所帯持ち」を優遇するのだろうか。
小生が経営者ならば定時で帰ってしまう所帯持ちより、奴隷のように働く独身者を出世させたいと考えてしまうのだが・・・。(昔は自分も奴隷だった)

以前、酒宴の席でクライアントの部長や、パートナーの課長と話したことがある。
彼らは必死に、
「昔、仕事に出かけようとしたら幼稚園に通っている娘に『パパまた来てね。』と言われたよ」とか
「うちの息子、オレが全然家に帰らないもんだから『三徹』注1)なんて言葉覚えやがったよ」とか
まるで自慢するかのようにアピールしてくる。

改めて言うまでもなく今の社会で彼らの肩書き(部長や課長)を得るには、
家族と過ごす時間を犠牲に、つまり育児に参加しないことが条件になる。
(育児参加する男=出世をあきらめた男と言われる所以はここにあるのだろうか)

所帯を持った以上1円でも多く稼ぎたい⇒でも核家族である以上育児参加しないと妻がオーバーワークになる。⇒
育児参加すれば当然残業代はつかない、出世コースから外れる⇒でも子育てにはお金がかかる。⇒
「そうだ、子供なんか作らなければいいんだ!!」
日本が少子化傾向にあるのはこういう遠因があるように思う。

結局は企業の目先の利益(=邪推すれば政治献金)を優先したがために、
少子化という将来国が傾くかもしれない事態に陥ってしまっている。
(いや、もうすでに傾いているかもしれないが)
だから海外からの移民を奨励する?
対処療法的な気がするのは小生だけではないはずだ。

注1)三徹・・・三日連続徹夜の略
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。