FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近代社会と前近代社会

>==========================================================================
>共同体の中で、よく知り合った仲間が阿吽の呼吸ですごすというのは、その中で
>何も問題が生じない時は、非常に幸せな気分をもたらしてくれるだろう。
>少々貧乏であっても、助け合って生きていくことに喜びを感じ、何が価値あるもの
>であるか、何が善であるかがはっきりと決まっているという安心感を感じながら
>生きていくことが出来るだろう。
>しかし、このような幸せな共同体は、前近代的な社会で過ごす場合にしか残らない。
>近代社会を構成する原則は、このような共同体を形式的には破壊してしまうことになる。
>近代社会は、さまざまな自由が認められ、もはや、生まれてから死ぬまで、
>一つの共同体の中で暖かい雰囲気の中ですごすということが出来なくなっている。
>共同体の中で安定してすごせる時代ではなくなってしまうのが近代社会というものだ。
>==========================================================================

全員同じ価値観、思考、発想、資産。
同じだから平等感を堪能することができる。
共同体に所属していることで、外部の圧力から守ってもらえる。
他人と同じであることが正義=安心。

今は自分の身を守るのも自己責任の時代だ。
ありとあらゆることが自由になっている。
だますのも自由
だまされるのも自由
譲歩するのも自由
言いがかりつけるのも自由
親切にするのも自由
冷たくするのも自由

正直自由すぎて困る。
「自由」「平等」「平和」というキーワードがある。
小生にとっての優先度は平和>平等>自由。
多少自由がなくても、平和と平等を謳歌できればそれでいい。

生まれた時代を間違えたのか?
こういうのが田舎モノの発想なんだろう。
「自分の身は自分で守りなさい!」
「他人に守ってもらおうとするな!」

いや、そもそも「守る」という発想が必要な現状そのもの自体が不愉快ですが?
たとえばこの世に悪い人がいなければ、警察はいらないし裁判所も要らないし
当然自分の身を自分で守る必要もない。

「守る」という発想が不要!

どうして「悪い人」がいるんだろう。そもそも人間は「悪い」のか?
悪い人がいなければ何も守る必要がない。
自分の身の安全も、家族の身の安全も、プライドも名誉も誇りも。
守らなくても、誰からも危害を加えられないからだ。

小生は田舎出身の世間知らずなので、海千山千の悪徳業者から見ればまさに「カモ」である。
彼らは田舎の人間が知識がなく、理論武装もせずに腰低く言いなりになるからといってやりたい放題だ。

「じゃあカモにされないように理論武装しろよ」
「悪徳なやつらがいなくなってくれれば理論武装する必要ないじゃない。
むしろカモのように弱いやつでも安心して住めるじゃない。そんな世の中が理想だ」
「要するに強くなるつもりがないってことね。自分から変わろうとしないんだね」
「強くならなくても安心して生きていける社会が理想ですから」

小生が10代後半のころ、神戸の牧場に就職できないかたずねに行ったことがある。
社会の喧騒から逃れてのんびり暮らすことにあこがれていたんだと思う。

でもいくらのほほんと暮らしたいと願っても、今の時代それは無理。
多くを望まず必要最低限の暮らしが出来ればそれでよし、では済まない。
やれ景気だの年金だの、社会を支えている経済を初めとするあらゆる活動の中に身を投じなければならない。

その時代に適応できないでいる自分が悪い?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。