FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石田三成

大河ドラマ「天地人」で小栗旬が石田三成を好演していた。
関ヶ原の戦い後に斬首される役柄なので、回想の中でしか出てこない。

(西軍の総大将、毛利輝元は中尾彬が演じているが、
小栗旬とは、05年の大河「義経」で梶原景時・景季父子を演じている。
ちなみに福島正則役の石原良純も源範頼役で出演している)

大河では、冷徹に物事を推し進めて人から反感を買うことが多いが
実は主君と治世のために敢えてやっていること、という描かれ方をしていた。
要は「嫌われ役に徹していた」ということだ。

少し前に多くのファンから愛された某国民的アイドルが大麻で逮捕された。
人気がある=人格者、ではないことを痛烈に世に知らしめたのではないか。
「天地人」における石田三成はその真逆である。
人気はからっきしないが、私欲のために動いていたわけではない、という点。
悪者呼ばわりされようがなんだろうが、公儀のために奔走する様には惚れる。

石田三成のようになりたい。
だがハト時計はあきらかにそのような器を持ち合わせてはいない。
国政同様、今年はハト時計による一党独裁を転覆できそうな
機運は訪れているのだが、後一歩が足りない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。