スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分より恵まれた環境に育った人の考え方を理解できない

自分より恵まれた環境に育った人たちの考え方がわからない。

自分は貧乏な農家の生まれだ。
「一億層中流」「バブル」と言われた時代があったけど、我が家の暮らしぶりは「下流」「底辺」だった。

そりゃあ親も貧乏な農家の生まれだ。
母は8人兄弟のうち、4人を栄養失調で亡くしている(当時、近所の家はどこもそうだったらしいが)
父はお金がなかったので修学旅行に行っていない

貧乏人同士の結婚(都会ならありえないけど私の生まれ育った土地なら十分あり得る)
が更なる貧困を呼び起こした。

クリスマスや誕生日にプレゼントをもらったことがない。
お風呂は2日に1回(灯油代の節約)
家族旅行やレジャーに出かけたことがない。
習い事に通ったことがない。塾にも行ったことがない。
高校までは親のお金で進学できたが、それ以降は働く道しかなかった。
自動車免許も近所の連中は親の金でとっていたが自分は、自ら稼いだお金でとった。
専門学校も新聞配達による奨学生制度を利用して進学した。

貧しい人間は貧しい環境で培った感覚でしか物事を計れない。
恵まれた環境に育った人間はその尺度を知る由もない。

貧しい環境に育った人間からすると、恵まれた環境に育った人間の言葉は全て「マリーアントワネットの戯言」にしか聞こえない。
「パン寄越せ」⇒「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない」はぁ?
「高卒後は就職」⇒「登校拒否すればいいじゃない」「親は子供の進学資金を貯めてて当たり前」はぁ?
「食べられることを親に感謝」⇒「親は子供に食事与えて当たり前!!」はぁ?

自分の境遇をベースラインに置くと、世の中のほとんどの人間が「恵まれた環境に育った人間」になる。
私は彼らをどのようにして受け入れたらよいのだろう。
どうしたら憎まずに済むのだろう。

また、恵まれた環境に育った人間は些細なことでクレームや文句を言う。
ストレスがたまるから言わなきゃ気が済まないのだと。
だとしたら、私はとっくの昔にストレスで死んでいますが何か?
我慢のガの字も知らないくそったれどもは!!

文句を言うな文句を言うなどいつもこいつも文句を言うな!!!!!!!!!!!!!!!


・・・こんなんじゃ、彼らを受け入れるのは到底無理だ。
どうしよう、結局自分の親を憎むしかないのかなぁ・・・儒教的にはNGだけど
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。