スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハト時計

「ボルジア家の腐敗と陰謀の25年はルネサンスの天才たちを生んだが、スイスの平和な500年は何を生んだ? ハト時計だけさ」

上記のような映画『第三の男』の名台詞が紹介されている。
まぁ私は見たこともないが・・・

ハト時計はあったとしても邪魔にはならない。
でも特に必要というわけでもない。どうでもいい存在だ。

正直言って私の生き方はハト時計そのものだった。
定刻が訪れれば定型どおりに飛び出して鳴き、引っ込む。
ずーっとそれの繰り返し。
でも邪魔ではないから誰にも文句を言われない。
ただだれもそれに感動するわけではない。
ネコや犬などの愛玩動物は人を癒すかもしれないが、
ハト時計は何の癒しにもならない。時刻を教えてくれるだけ。

問題は自分自身がハト時計そのものであったことであるが、
それ以上に「ハト時計であることに正当性を感じていた」
ことに問題があるんだと思う。
それに気づいたときは正直ブルーだった。
でも気づいてしまった以上、今更後には引けないわけで・・・
スポンサーサイト

コメント

ハト?

v-519<クルックー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[ハト]について

ハト鳩(はと)は、ハト目・ハト科に属する鳥類の総称である。体に比べて頭が小さく、胸骨、胸筋が発達してずんぐりとした体型が特徴である。日本に生息する鳩には、アオバト、カラスバト、キジバト、シラコバト、ドバトなどが知られている。このうちドバトはカワラバトの飼
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。