スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

努力

巷で騒がれている円天市場の問題。
ついに警視庁の強制捜査が行われ、茶の間を騒がしている。
何気なくTVニュースをぼーっと見ていると、強制捜査に入る警視庁の捜査官が目に飛び込んできた。
「あっ!I君!」
彼はかつて小生と一緒に仕事をしたことのある知人だった。

小生は以前、西新宿で金融関係のシステム開発に携わっていたが、
そのプロジェクト内で一緒に作業に従事していた。
至って冷静沈着で、すぐにパニクる小生とは対照的だった。
仕事だけでなく私的な面でもつきあいがあった。
合コンを主催して誘ってくれたりもした。

プロジェクトの遅延が災いして連日残業が続いていたある日、
彼の口から「仕事をやめる」という言葉を聞いた。
彼の出自は小生とは大違いだ。
Y田大の院卒、大手SI企業Fの社員・・・まさにエリートだ。
片やドン百姓のゲーム系の専門卒、零細企業の社員(平取)・・・比べるほうが失礼だろう。
そんなエリート街道まっしぐらの彼が「やめる」と言い出したのだ。
正直理由がわからなかった。

やがて彼は警視庁のIT関連の捜査官になったと聞かされた。
その後も日々任務の遂行にまい進していると小耳に挟んでいた。
そして今回報道の映像で彼の勇姿を垣間見ることになった。

彼は高みを目指し努力していたのだ。
現状に満足せずよりレベルの高い何かを得ようと自ら変わろうとした。
もちろん「何か」が、報酬・自由な裁量権・名誉・地位・自己満足度、
あるいはもっと高尚な精神的支柱・・・どれをさすのかわからない。
ただ「理不尽な環境から抜け出したかった」だけとは到底思えない。
小生は「努力」してきたのだろうか?
答えは「否」だ
小生は「忍耐」に「尽力」してきただけにすぎない。
「忍耐は努力を凌駕する」との思いこみをもとに
辛い現状にひたすら耐えて逃げ出さない、
これこそが人間の美徳と頑なに信じ込み、
理不尽な要求・命令・指示・待遇に甘んじてきた。

しかし結果得たものはなんだったろうか?
「病的なまでの変化に対する恐怖」と「人間性の否定」、
「隷属的根性」ではなかろうか。

それでもかつて「努力」したことがあったはずだ。
ツマラナイ工場の単純労働に耐えかね、自分の夢を追いかけて専門学校へ進学したときだ。
たとえ毎日新聞配達に追われ、学習時間も遊ぶ時間も寝る時間がなくても
精神的には何も問題なく平気だった。
「奨学生は遊んでる奴より偉い」なんて思い込まなくても毎日が夢のような気分だった。
それがいつの間にか「忍耐」を第一とした消極的、守勢に回った生き方に変わってしまった。

そもそも「努力」と「忍耐」は対の言葉だ。
どちらか一方で他方をカバーできるわけがないのだ。
「努力」が実を結ぶまで「忍耐」するのが本筋だが、
「努力」もせずただひたすら「忍耐」していても何も変わらない。
「努力」しても実が結ぶまで「忍耐」できなければ意味がない。

「波乱万丈な人生なんてまっぴら。波風立たせず、平坦な人生こそ一番だろ!」
ハト時計が未だにそんなことをしきりにぼやく。
スポンサーサイト

コメント

まぁ これでも食べてガンガレよ
(・∀・)っhttp://recipe.gourmet.yahoo.co.jp/E122304/

うーん、今は柿が食べたいなぁ
むかーし、みかんは箱買いしていた記憶が。。。

いやレシピだよこれ レ シ ピ !!

『カゴにみかんを盛り合わせる。』

---------------- 糸冬 了 ----------------

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ランニングChammy
プロフィール

ヲイゲンシュタイン1世

Author:ヲイゲンシュタイン1世
三十路以降パッとしない自分に幻滅中の2児の父親。
子供以上にカーズはまりつつある。
いや、カーズ以上にはまっているのはONE PIECEだが・・・。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。